散歩おじさんの放浪記

人生を豊かにしたい助兵衛で投資初心者の徳積み

Tinderは散歩する場所じゃなかった

おじさんは二日酔い解消のための街ぶら散歩だけでなく、

インターネットという情報世界の地でも散歩する(特にお金と女について)

いわゆるネットサーフィンというやつだ。

もちろん仮想通貨バブルの波にも女の子にも乗れてな…おっと失敬。

 

今日はちょっとかわいい助兵衛な出会い系サービスのお話だ。

Pairsでは「人気男性会員のサンプルプロフィール」に選ばれ、

Omiaiでは男性会員ランキング500位以内、Poiboyでは食べログ評価4.5以上を

獲得するなどいろいろなサービスでそこそこの地位で偉そうに女の子をスワイプしてた。

それぞれのサービスの特徴はこの方がわかりやすくまとめてくれてるのでそちらを。

pairs-with-omiai.com

 

そこで最近始めたのがタイトル通りTinder

f:id:sososoy:20170914123752p:plain

元パリピ属性なおじさんなので周りにいる女性も割かし海外かぶれ女子が多い。

そんな彼女たちがクラブでのDQNナンパに疲れ、使い始めたのがTinderだという。

ネット世界ではイケメンになりきるDQNおじさん(僕)も早速登録した。

※もちろん即日ゴールドメンバー

 

使ってみると意外とパリピっぽくないサブカル系女子大生やレイヤー女子もいて、

海外発のサービスとはいえしっかりと日本の若者女性に浸透していた。

よく行くガールズバーの女の子に話を聞くと他のマッチングアプリと違い、

「マッチしないと男性から一方的にメッセージ来ないのが良い」とのこと。

 日本のマッチングサービスはなんだかんだ男性にも優遇するから、いきなりキモオタのおじさんから長文プレゼンメッセージが来て心がしんどいのだそう。

(これを聞いた僕も胸が苦しくなった。。。世のおじさんも必死なんだわかってやってくれ)

 

 ガールズバーの女の子の言葉を借りるが早速おじさんもスワイプ活動を始める。

ふむふむ。

好みか否かによって右と左にスワイプするだけで他サービスと違いシンプルだ。

かつての女性議員のように力強く、時に事業(プロフィール)確認をしながら仕分けを行った。

 

 

…あれ?

 

「共通の友達」?ナニコレ?

おじさんこの人知ってるよ?クライアントさまじゃないか?

 

え?Facebookでの共通の友達も出るの?

 

Facebookの直接の友達も出るじゃん笑笑笑

 

普段から飲兵衛で女好きなキャラのおじさんなので大きなダメージがあるわけではないが、やっぱりキセキの激盛れ自撮りを見られるのは恥ずかしい。

同僚にも「女の”SNOW”よりひどい詐欺」と言われた一枚は仕事関連の人には見られたくない。

大きなプロジェクトを回してても出会い厨おじさん。

部下に慕われてても出会い厨おじさん。

出会い厨おじさんと語尾につくだけでそれまでのすべてを否定するほどの力がある。(もちろん僕はプロジェクト回さないし慕われてもいない)

 

日本のサービスはたいていこの誘い文句がある。

Facebookの友達同士は表示されません」

世の男は助兵衛ばっかりなので隠れたとこで女の子と関わりたい。いや交わりたい。

そんな助兵衛を安心させる言葉だ。会員となるフックのひとつにはなるであろう。

Tinderもそうだろうと思っていた。

 

おじさんは固定概念に負けたのだ。

なんだか海の向こうから「日本の男たちよシャイにならず勝負せよ。立ち上がれ。」と聞こえてくる。

 そうだ。目的遂行のためにコソコソしていないで勝負しよう。立ち上がろう。

女の子だって素敵な男性との出会いを夢見てスワイプ活動しているのだ。

シンプルに散歩しよう。

 

 

おじさんはプロフィール写真をタイで撮った二人の女の子男の子を脇に抱えた写真に、プロフィールテキストをつぎのようなカッコいいものにして引き続きスワイプ活動をしようと思う。「EDですが優勝したいです」

 

立ち上がるんだ。

日本中の助兵衛な男たちと俺の息子よ。

おじさんは散財した

先週末の金曜日、仕事を片付け楽しみにしていた前職のメンバーが集まる飲み会に向かった。

気が付けば翌朝6時。駅のベンチで朝マックのマフィンを片手に持ちながら目が覚めた。

 

ーーー(回想)ーーー 

 

おじさんの前職はスマホアプリの開発・運営をするメガベンチャーぽい企業で、

社員の平均年齢も若くいわゆるパリピっぽい気質のメンバー集まる社風だった。

そこへはかなり若いときから入社していたため(色んな意味で)可愛がってくれるので、転職したあとも集まると心地が良いのである。

 

 最年少の僕が予約したのは夏の終わりにぴったりの屋外テラスがある

TexMex DiningBar Otra(オトラ本店)

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13024461/

f:id:sososoy:20170911141453j:plain

 

暑くもなく寒くもないちょうどいい気候の中、

週末のビールを気の知れたメンバーと乾杯するのは

皆さんも想像しただけで胸が躍るでしょう。

 

既に大半は揃っていて遅れて合流。(幹事しっかりしろ)

キレイなお姉さま方と乾杯して男子メンバーも揃い始める。

店員さんの接客や美味しいメキシカンな料理にはかなり満足した。

 

みんなの近況報告をしながらあっという間に終電の時間に。

お会計を済まし、〆の言葉と思った矢先に席に運ばれてきたのは、

なんとパリピの血液「テキーラ

f:id:sososoy:20170911163201p:plain

 老体にはキツい…。

それでもお姉さま方の前では明るく飲まなければ…!

「うっひゃ~!もういっぱぃ………」

 

 ーーー(回想終わり)ーーー

 

すべてこの液体のせいだ。

僕は幾度となくこの液体に身も心もお金もワンチャンスも削られてきた。

休日をまるまる潰され、オナニーより強い虚無感を何度も味わい、

「二度と飲むものか、二度と飲むものか」と言い続けてきた。

生粋のパリピならば水のように飲めるし、GACKT様なら瓶ごと飲めるのだろうが、僕のようなエセパリピはすぐに 潰れる。そして地面に転がる

おじさんにはストロング缶ぐらいが調子いいのだ。

 

財布をみれば数人従えていた諭吉大先生に見放され、

2人の英世の坊主があざ笑うかのようにこちらを見ていた。

おじさんは散財した。

いい加減『終電で帰る』というスキル習得したいものである。 

 

今日から散歩では銀杏を拾って食いつなぎます。

 

追伸:

朝マックをおごってくれたSierおじさん2人組(35歳)ありがとうございます。

謎にLINE交換したのでいつか遊びましょう。 

はてぶはじめました

初めまして散歩おじさんです。

 

色々な方のブログを拝見させていただき、

時に学び・感心し僕の人生を動かすような記事に出会ったり、

時に画面にツバ吐きつけたくなる記事に出会ってしまうなど様々だったが、

今度は自身からなにか良い発信がしたくなったのでテキトーにブログを始めようと思う。

 

まだコンセプトが固まってないけれど”徳”を重んじる話がしようと考えてます。

(そのうち銭と助兵衛な話が出てくるでしょう。。)

 

それでは散歩へ。